俺の哲学

20代の全力の軌跡

ブログ歴2年の僕がはてなブログをはじめた3つの理由。

 

 

 

はじめまして。

以前からFC2ブログを書いていましたが、はてなブログへ引っ越してきました。

 

ブログ歴は大体大ざっぱに約をつけると 2年くらいになります。

 

 

では、ブログ歴2年の僕がなしてはてなブログに引っ越してきたのか

その理由をワイワイガヤガヤ、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

①反応があるとすごく楽しい。

 

いままで淡々と記事を書き続けていました。

 

正直、「なんとかの〇〇の方法!」

なんて読者向け(のつもりで)書いていたけど、別にそんなのが書きたくてブログをやっているんじゃないと、気付いていた。

 

いや、そんなので変われるわけねーだろと思いながら、こういうのでPV数を稼ぐしかなかったからだ。

 

そりゃそうだ。

ブログをやってて楽しみな瞬間ってPV数を見ることしかなかったからだ。

 

自分の言いたい事、感情をむき出しにした文章なんか書けばPV数は落ちる。

PV数が落ち込めば、気持ちも落ち込む。

 

なんとも 

 

”自分のやりたい音楽とファンの聞きたい音楽は違う!”

 

みたいなアーティストあるある状況に陥りました。

 

本当なら、ブログを通して自分の言いたいこと考えた事を色んな人の意見や反応を取り入れたりしたりしながら、考える力と知識を養いたかった。

 

それが、20歳になる時に本当の意味で”ちゃんとした大人になりたい”と考えた末にでた手段の一つである。 そのためのブログでもあった。 

 

しかし、まったく手ごたえが無いまま、淡々とブログを書き続けていた。

 

そんな表現者あるあるのような悩みを抱えながらとある日、はてなブログのブックマーク機能しか使ってなかった僕がたまたまブックマークの際にコメントをつけた。

 

後日、メールボックスに不思議なメールがあった。

 

題名:ゆうちさんの☆レポート

 

「なんだよこれ、はてなも迷惑メール送るようになったのか・・・」

 

なんて落胆しながら中身を確認したら・・・

 

ゆうちさん (id:cxgyw196) の今日の☆レポートです。

本日の☆ : 3 ただいまの☆総数 : 9

ニックネームとID 

 

「なんだこれは?!」



はてなブログには良かったものかなにかに☆をつける習慣があるらしい。


「 ぐぬぬっ この上なく嬉しいっっ!! 」

いままでなかなか味わえなかった感情がこみ上げてきた。

 

30記事 ブログを書いてそのうちの1記事にでもコメントがあればいいくらいなのに、1コメントで2スターもゲットしてしまった。

21歳というやっと大人になってく準備が整ったか?ってくらいのケツの青い若造のコメントにイイネ!と言ってくれる人がいるなんて・・・。

 

やっぱり仕事は やりがいで選ぶべきだよねーなんて仕事のしの字もよく知らない癖に注文の多い就活生を横目に見ながらも、僕は文章で何かを伝えるという行為にこの上ないりがいを感じた。

 

そして僕は・・・


「バカがっ・・・足らんわ。わしはもっともっと欲しいんじゃ。もっと認められたいんじゃ!」

普段、つぶやきで自撮りを載せる人を鼻で笑う僕が、こんな自己承認欲求剥き出し状態に陥ってしまったのだ。

 

②コミュニティがすごく好きなのです。

 

さっきと少し似た理由にはなるが、

 

とにかく、ブログを書いてるときは孤独だった。

僕の周りにブログを書いている人はほとんどいない。

 

書いていたとしても、ほとんどがプライベートのブログ。

 

だから、やれPV数が上がった!とか、昨日の記事爆発した!とか言ってみても対しておもしろくない。 

返ってくる言葉の大体は

 

「ブログやってるの見せてー?!(プレイベートなブログだと思っている)」

「へぇ~こういうの書いているんだ~どのくらいの人が見てんの?!」

「へぇ~すごいねぇ~!」

 

で、終わってしまう。

きっと、僕は書いた記事の内容や意見を認められたいんだと思う。

 

「すごいなぁー」 なんて言葉よりも

「わかるぅー」とか「わたしはこうこうだと思うなー」とかの方が言われたいんだろう。

 

そんな些細な理由であっても、やっぱりブログの話をするのは難しい。

ブログの話ができる人が周りにまったくいない・・・

故に孤独である。

 

だから、ただ黙々とPV数と睨めっこして一喜一憂しているだけだった。

 

しかし、はてなブログだと、ブロガー同士だったりの絆があるらしい。

 

ブログが気に入れば読者になることもできる。

コメントしあうことでコミュニケーションが広がる。

ただ、☆をつけてもらえるだけでもだいぶ違う。

 

 

そして、どんどん絆が深まり、仲間が増えていって、大海原を越えてワンピースを手に入れることができるみたいだ。

 

僕はそれを聞いた瞬間、仲間は10人欲しいなどと謙虚な姿勢をとらず無制限に欲しいと思ってしまった。

 

つまり

「わしはもっともっと欲しいn(ry 

 

③あるブログが後押しになった。

 

ライブドアで一年やっても得られなかったのに、はてなで数分で2つも - ニッチブログ

 

コチラの記事を読んでやっと本気ではてなブログをやろうと思った。

 

某テレビ通販サイトのようにあれもこれも要らないものをつけてお値段〇〇〇円 なんてものじゃなくて、僕の言いたい事このブログにはそのまま書いてあった。

 

本当に、ブログは孤独だったし、反応が何もなく、ただ一方通行なのだ。

右から来たものを左へ受け流すくらいに 単純作業。

 

新しいことをはじめるのってすごくエネルギーがいる。

 

初めてのバイトが大変なように

初めての仕事が大変なように

 

初めてのブログも同じ。

 

本質は同じなんだけど細かい部分が違ってくるから覚えることがいっぱいなのだ。

このめんどうくさくてまた新しいのを覚えなくちゃいけない手間を考えると、人間界のナマケモノの僕にとっては なかなかはじめの一歩が踏み出せずにいた。

 

 

そんなときのこちらのブログに出会った、

あとあと読み返すと非常に似た内容になってしまいましたが(笑)

 

エノコさんありがとうございます。

 

ということで、これからはてなブログで自分の心を裸にして書いていきたいと思っております。

 

裸だけに 心の風邪はひかないように。

 

広告を非表示にする