俺の哲学

20代の全力の軌跡

僕が全然ブログを更新できない理由がやっとわかった。

f:id:cxgyw196:20140713131343p:plain

 

3ヵ月前くらいはブログの更新をがんばっていた。

 

毎日、合間を縫っては寝る時間の前にとにかくブログを書いていた。

その度に方向性に悩むことがあった。

 

「あんなに時間を割いているのに全然、割に合わない」

 

 

僕は学校に行ってる時もブログのことを考えて・・・

ブログを書くときは2時間~3時間くらい記事を練って書いて・・・

 

訪問者数という数字をいつも追っていた。

 

 

”いかに多くの人に見られていくか?”

 

 

この事しか僕は考えてなかった。

違う・・・!

 

バカ、バカ、バカ、バカ!

 

バカなのかおまえは。

ちびまるこちゃんも、バカバカとグズるほどのバカっぷり。

 

全くブログの”本質”というものを履き違えていたと思う。

 

少なからず僕のブログには30人くらいの毎日見てくれているユーザーがいた。

 

結果的にそのファンと言っていい変わらないけどもいつも見てくれる人達を大切に出来なかったのが問題であろう。

 

とりあえず 

「なんで全然アクセス数が伸びないんだ!!!!」

 

なんてことをいつも考えていた。

30人のファンのことを考えていない、灯台下暗しもいいとこである。

 

 

「 ゆうちさんの考え方ステキ♥♥♥ 」

 

と目を輝かせてくれた人々に目を向けずに

 

「なんで全然アクセス数が伸びないんだ!!!!」

 

なんて悩んでいたのである。

 

こんなクソ野郎な話 は 胸糞も悪い。ハト胸の人も気分を害する。

 

自分の頭に業務用の釘打ちを打ち付けたい衝動にかられた。

(めっちゃパンッてなるやつ)

 

つまり、色んな人に好かれようとした結果、身動きが取れずにブログを更新できなかった。

 

日々思う事、我思うがゆえに我ありという感じにたくさんの自分を発見していたのに。

 

 

触ったものを凍らせたり、雪を降らせたりする呪いにかかった訳でも無いのに

 

♪ありのーままのー姿 見せるのよー

 

が色んな人に好かれたいという欲望にかられてできなかったのです。

let it go じゃなくて oh my god ですよ。

 

嫌われるゆうち を 持たないと。

 (まったく読んでいない。)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

もっとクオリティを求めずに気楽に書いていきたい。

とにかく、自分の考えを垂れ流していきたい。

 

もっとブログを楽しむために・・・

はてなを楽しむために・・・

 

いや、たった一人のファンに愛されるために僕は自分を表現しよう。

誰だってアーチストになれるんだ。

今の時代。

 

この星の一等賞になりたいのはってなーで俺は。

そんだけ。(悪ふざけ。)

 

間違ったこと言ったって、誤字脱字があったっていいじゃないか。

人間だもの.... ゆちを。

 

 

これからは気楽にやっていきたい。

 

色んな所にいても こんなことを考えたからブログを更新しよう。

電車にいる時でもブログでこんな考えを持ったからブログを更新しよう。

 

そういう気持ちでやっていきたいと思うんだ。

僕は生れた瞬間から、そう思えた瞬間から翼が生えたように自由になった。

 

だから・・・

 

 

だから・・・・

 

 サーフェスが欲しい。

 

広告を非表示にする